スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
遊戯王要約シリーズ第19話
カテゴリ: 遊戯王要約シリーズ第1期 (決闘者の王国編)
遊戯王要約シリーズ第19話 Jagshemash「ヤグシェマシュ」



↓解説↓
●冒頭の闇遊戯のセリフは、アメリカの犯罪捜査ドキュメンタリーTVシリーズ「COPS」の決まり文句のパロディ。
●「スクービー・ドゥー」とは‥


アメリカで1969年から続く子供向けのミステリーTVアニメシリーズ。
日本では「弱虫クルッパー」というタイトルで、一部が放映されたことがある。
「お約束」展開の、悪事をあばかれた悪人が必ずラストで"If it weren't for those meddling kids"(あのおせっかいな子供達さえいなければ)とグチることで有名で、"Scooby Doo reference"(スクービー・ドゥー発言)といえば、このセリフのこと。
●シャーディーは映画「ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」の主人公ボラットそのまんま。
謎のセリフはこちらの「ワタシのコトバを教えちゃいまス」を参考にしました。
●「ラビリンス」とは、デビッド・ボウイが魔王を演じるファンタジー映画。要約シリーズの闇遊戯好みな理由が偶然みつけたこのページの写真でわかってしまいました‥。
●ブラックマジシャンに言うマイナーな映画からの引用とは、劇場版アニメーション「アイアン・ジャイアント」からのもの。
巨大ロボット版ETというべき、宇宙から来たロボットと少年の心温まる友情を描いた良作‥だが注目度も興行的にも輝かしい地位にどうもいなさそうなのが残念。こちらの動画の1分54秒あたりにそのセリフが。
●「元ファラオ」と訳した部分は英語で"The Artist Formerly Known as Pharoah"でした。これは、ミュージシャンのプリンスが、1993年に名前を発音できない記号に変えたため、業界や世間で彼のことを"The Artist Formerly Known As Prince"と呼ばざるを得なくなったことのパロディ。
●あと、海馬の言うゲーム(らしい)フッカーズ(Hookers)というのがどんなものかわかりません、情報下さるとありがたいです。(情報ありがとうございました。追記しておきます。

[追記]
コメント等で情報をたくさん頂きました。
●映画「ラビリンス」の迷宮が闇遊戯の「心の部屋」に似ているので、パロディにしたのだろうとのことでしたが、教えていただいた動画を観ると本当にこれは‥そっくり!必見です。
デビッド・ボウイの歌う「魔法のダンス」はこちらで聴けます。
●海馬の最後のセリフは、アメリカのアニメ"Futurama"のBenderのセリフとのことで、調べたら"Forget your stupid theme park! I'm gonna make my own! With hookers! And blackjack! In fact, forget the theme park!"という元のセリフを発見しました。直訳すると「あんたの下らないテーマパークなんか知ったこっちゃないね。オレは自分のテーマパークを造るぜ、娼婦とブラックジャックでな、ところで別にテーマパークでなくてもいいんだ」‥つまり「テーマパークなんかどうでもいい、女と博打のほうがずっといい」ということなわけですね。

編集 / 2007.07.07 / コメント: 8 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
ここって何?

「4kids制作の英語版遊戯王アニメをパロディにしたシリーズ」(イギリス人LittleKuriboh氏制作)を和訳して紹介しています。 イギリス人の風刺魂の紹介、日英の文化の比較、そして自分の翻訳力鍛錬が目的です。 和訳の間違いのご指摘、アドバイス等、お待ちしてます。 クレーム等がありましたら、即座に対応いたします。

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

AT

管理人:AT
SFとアニメが守備範囲の英→日シロウト翻訳字幕屋。
遊戯王は東映版の頃からのファン。

サイトリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。