スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
遊戯王要約映画 2/4
カテゴリ: 遊戯王スペシャル

↓解説↓
●”sorcerer’s sarcophagus”(魔術師のミイラ棺)が早口言葉みたいなので、じーちゃんに「3回続けてってごらん」と言われている‥と判断して日本語の早口言葉を捏造しました。‥のですが、早口言葉になっているでしょうか?
●アヌビスの棺の予言は‥


英語版映画そのまま。文語的な感じを出すための押韻がふんだんに使われているため、韻を踏んだ言葉の絵本で有名な「ドクター・スース作?」というセリフを遊戯が言っているわけです。日本で言うなら谷川俊太郎というところか。スース博士の本はAmazonで。予言の言葉は日本語版映画そのままのものを拝借しました。
デビッド・リンチ監督は、難解なプロットと、幻想と奇妙なノスタルジーが共棲する映像とで、意味を探れば探るだけフラストレーションが溜まるとわかっていながら観ずにはいられないカルト映画の第一人者。「ツイン・ピークス」の監督と言えば誰もがうなずけるはず。要約映画のシーンもリンチっぽいと言えばリンチっぽい
●アヌビスの謎のセリフは”Watch Naurto: The Abridged Series.”の逆回しだそうです。‥ので、字幕にも和訳を逆から書いたものを付け加えました。どうもナルト要約シリーズとの間には確執めいたものがあるらしい。
M・ナイト・シャマラン監督の作品は総じて、テイストはデビッド・リンチ風なのに、意味がわかるように撮ってしまっているためカルトになり損ねた、タネ明かしまではすごく面白いホラー風味のサスペンス。タネが明かされても面白かった「シックス・センス」でブレイク。
●出口をロックするモクバに海馬が言う「おまえの出番のようだな」は思案の末の訳です‥。英語では”We get the picture.”で、次の2つの意味があると思われます。
1.くどいくらい「出口を塞いだ」と言うモクバに「もうわかった」と言っている。
2.闇遊戯の言ったシャマラン映画に本気で出演するつもりで「オレ達の映画をゲットしたぞ」と言っている。
●オシリスの天空竜は英語版で“Slifer the Sky Dragon”と言います。この名前の由来にはじまって、マンガ、アニメ、カードをあまりにも詳しくカバーして解説しているサイトによると、オシリスの名前が「スライファー」に変えられたのは、4kidsのプロデューサーのRoger Sliferの名前をつけたから。闇遊戯の繰り返す「スライファー盗らないで」は、アメリカの子供向けTVアニメーションシリーズ”Dora the Explorer”で、主人公ドーラが悪役のスワイパー(Swiper)に言うセリフのパロディー。コメントで教えていただいた動画をこちらで視聴できます。
ここで、神のカードの英語名を備忘録的に。
オベリスクの巨神兵→ Obelisk the Tormentor
オシリスの天空竜→ Slifer the Sky Dragon
ラーの翼神竜→ The Winged Dragon of Ra
●「よその星の上なら‥」のセリフは、カンフー映画をパロディ化したおバカ映画「クン・パオ:燃えよ鉄拳」(Kung Pow:Enter the Fist)からそのまま。こちらの動画の2分10秒あたりにセリフがあります。
●心の迷宮で遊戯が叫ぶ”Khan!”はスタートレック映画第2作「スタートレックII カーンの逆襲」から。最初字幕で「どこなの」としてましたが、やはり後にカーク船長に言及するシーンがあるので、「カーン!」に直しました。そういうわけで、城之内が言うウイリアム・シャトナーは、スタートレックのカーク船長役の俳優。Wikipediaにあるとおり、1994年、SF小説「サイバー・ドラック/テクウォー」を発表、翌95年~96年TVシリーズ化。
●ゾンビ(ミイラ)に追われる遊戯達のシーンのフキダシと音楽は、ネットで流行っているお遊び動画のパロディだそうです。フキダシの中には”lol, ○○”(○○は、名詞)と書かれるのが基本。lolはチャットや掲示板用語で、”laugh out loud”(大笑いする)の略。
こことかこことかここで観られます。
上記スタートレックとフキダシつき動画もコメントで教えていただきました。ありがとうございます!
編集 / 2007.07.16 / コメント: 2 / トラックバック: 1 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
ここって何?

「4kids制作の英語版遊戯王アニメをパロディにしたシリーズ」(イギリス人LittleKuriboh氏制作)を和訳して紹介しています。 イギリス人の風刺魂の紹介、日英の文化の比較、そして自分の翻訳力鍛錬が目的です。 和訳の間違いのご指摘、アドバイス等、お待ちしてます。 クレーム等がありましたら、即座に対応いたします。

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

AT

管理人:AT
SFとアニメが守備範囲の英→日シロウト翻訳字幕屋。
遊戯王は東映版の頃からのファン。

サイトリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。