スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
遊戯王要約シリーズ第23話
カテゴリ: 遊戯王要約シリーズ第2期 (バトルシティ編)
遊戯王要約シリーズ第23話
Yami of Darkness 「闇のYami」



↓解説↓
●遊戯の「派手派手にヒモっぽい?」と訳したもとのセリフ"Pimping, huh?"の"pimping"は‥


こちらの解説にあるとおり「派手派手」、そのもとになった"pimp"は、ポン引きとか女を食い物にするヒモのこと。私見ですが、「化粧をしたがる」闇遊戯を「商売女」(原語は"slut"―ふしだらな女)とあてこすったら「小さい」(人間的にも体格的にも)と反撃されたことへのさらに反撃で、「彼が商売女ならボクはそのヒモをやってやるさ」という意味と「ボクって派手派手でしょ」という両方の意味を持たせたセリフじゃないかな、と。考えすぎかなあ‥?Pimpの一般的イメージは、こんな感じ
ミスター・Tは、アメリカの俳優
●「ショーガール」とは、第16回ゴールデン・ラズベリー賞を総なめにした最低映画。なのですが、ここのカスタマーレビューを読むと、コアなファンがついていて、とても愛されているらしい。
●「スケコマシアイテム」と訳したもとの英語は"chick-magnet"。いかした女の子(chick)を磁石(magnet)で引きつけるように集める人や物のこと。
●獏良の「ここに来たのは大暴れして―」以下のセリフは、映画「ゼイリブ」中の"I have come here to chew bubblegum and kick ass...and I'm all out of bubblegum."のパロディ。回りくどく言っているけど、引き算をすると、つまりただ単に「暴れに来た」だけということ。動画はこちら
●杏子の「火をつけたのは・・・」以下のセリフは、ビリー・ジョエルの”We Didn’t Start the Fire”(邦題「ハートにファイア」)からの引用。
●マリクの「明日の夜にやり直そう」のセリフ以下のリシドとのやり取りは、アニメーション「ピンキー&ブレイン」の主人公ネズミピンキーとブレインのセリフそのまま。
詳しい番組解説はこちらのサイトに。
●エンディング曲も、「ピンキー&ブレイン」のテーマソング
●杏子も、読むだけでなく同人小説(fanfic)を書いていることが判明した今回。“fyi, téa ships harry and hedwig”の場合の”ship”はfanfic界の用語で、動詞だと「○○カップリング推奨」というような意味。ただし、英語では「カップリング」にあたる用語は”pairing”と言います。Fanficは、日本の同人界とは無関係(つまり同時多発的)にアメリカで誕生、発達した同人文化。ジャンルが似ているだけに、微妙な違いに気を配る必要あり。(「×」マークの代わりに「/」を使うが、書かれた名前の位置が前か後ろかには意味は無いとか‥)詳しくはこちら(同人サイト注意)。
●エンディング後のマリクのセリフは、”Army of Darkness”(「死霊のはらわたIII」)の中で主人公アッシュが、自分のレミントン銃をこう言って自慢するシーンより。様々なパロディ作品に引用される名物セリフとなっているらしい。動画はこちら

[追記]
●キースが機械モンスターを召喚したときのBGMは、Styxの"Mister Roboto"。歌詞に使われた日本語の"Domo arigato Mr. Roboto"が軽く流行して、その後も歌は映画等に登場したりしている。→wikipedia(英語版)参照。英語の"robot"ではなく、日本語ローマ字表記の"roboto"(本当は"robotto"だと思うのだが)と、末尾に"o"がつくことで、アクセントを後ろに置けるようになったのと同時に"arigato"と"roboto"で英語ネイティブの大好きな押韻が生まれたのがウケた要因じゃないかな、と想像する。
編集 / 2007.09.24 / コメント: 2 / トラックバック: 1 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
ここって何?

「4kids制作の英語版遊戯王アニメをパロディにしたシリーズ」(イギリス人LittleKuriboh氏制作)を和訳して紹介しています。 イギリス人の風刺魂の紹介、日英の文化の比較、そして自分の翻訳力鍛錬が目的です。 和訳の間違いのご指摘、アドバイス等、お待ちしてます。 クレーム等がありましたら、即座に対応いたします。

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

AT

管理人:AT
SFとアニメが守備範囲の英→日シロウト翻訳字幕屋。
遊戯王は東映版の頃からのファン。

サイトリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。