スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
遊戯王要約シリーズ第25話
カテゴリ: 遊戯王要約シリーズ第2期 (バトルシティ編)
遊戯王要約シリーズ第25話 Dirty Dueling 「ダーティ・デュエル」


↓解説↓
●杏子の歌うのはディズニーの「美女と野獣」に使われた歌のひとつで、闇遊戯が歌うのはその替え歌。
●ジョニーが最初に踊っていた曲は‥


Insane-o-flexの”I Like Your Booty But” 。
2007年8月13日に放映された、ATHFマラソン(アメリカのTVカートゥーン”Aqua Teen Hungerforce”の特番)の1コーナーで使われて広く知られたらしい。
●杏子とジョニーのダンスバトルの曲は、Jamiroquaiの"Canned Heat"。
●「ハンガー18」は、ヘビメタバンドのメガデスの曲。
●「パーフェクトブルーに登場した男」とは、アニメ映画「パーフェクトブルー」で、主人公の元アイドル歌手・未麻をつけまわすストーカー男のこと‥だと思うのです、間違いなく。この動画で鼻血を出してる男。
●杏子の「ヤッター」は、アメリカの人気TVシリーズ「HEROES」に登場するキャラ、日本人サラリーマンのヒロの口癖
●エンディング後の本田のセリフはB級ホラー映画「トロル2 悪魔の森」より。そのシーン
●杏子の「眼で私の服を脱がせてるのね」(Undress me with your eyes.)は、アメリカのTVカートゥーンシリーズ"Space Ghost Coast to Coast"の、スペースゴーストのセリフのパロディ。主人公スペースゴーストが、シャワーを浴びたいので眼で服を脱がせくれとゲストキャラのデニスに頼むシーンが脚本にあり。‥彼がなぜ眼力で人の服を脱がせられるかとかは、脚本を最初から読むとわかるのかもしれませんが、ちょっと根性がありませんでした。ビデオで見られたらいいのですが、動画も見つけられませんでした。軟弱ですみません。アドバイスをお待ちしております。
●今回全編を通して杏子の友情演説(friendship speech)が皮肉られていますが、4kids版での杏子(Tea)は、皮肉られるに値する友情演説家だったようです。
●ジョニーのセリフにはたくさん"step"を使った慣用句などが出てくるのですが、日本語に反映できなかったものがいくつもあります。いつものことですが無念‥。

[追記」コメントで情報をいただきました。
●冒頭の闇遊戯のセリフは、アメリカの人気TVシリーズ「24」(1話をリアルタイムの1時間で描くのが特徴)のパロディ
●ギターヒーローは、音楽ゲーム"Guitar Hero 2 "で、その収録曲"Hangar 18 "(上記解説を参照)のエキスパートモードは最高に難易度が高いらしい。
●杏子の「ヤッター」ですが、アメリカの方からの情報では、ヒロのセリフ以前から、DDRファンの若い女の子(多くはJ-POPファンとかぶっている)達が、アニメで覚えたこのような簡単な日本語を言いたがるということがあるそうです。それと、そういえば少し前に、はっぱ隊の「YATTA」ダンスが海外で流行ったこともありました。
編集 / 2007.10.02 / コメント: 6 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
ここって何?

「4kids制作の英語版遊戯王アニメをパロディにしたシリーズ」(イギリス人LittleKuriboh氏制作)を和訳して紹介しています。 イギリス人の風刺魂の紹介、日英の文化の比較、そして自分の翻訳力鍛錬が目的です。 和訳の間違いのご指摘、アドバイス等、お待ちしてます。 クレーム等がありましたら、即座に対応いたします。

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

AT

管理人:AT
SFとアニメが守備範囲の英→日シロウト翻訳字幕屋。
遊戯王は東映版の頃からのファン。

サイトリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。