スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
遊戯王要約シリーズ第46話
カテゴリ: 遊戯王要約シリーズ第2期 (バトルシティ編)
遊戯王要約シリーズ第46話
「メルビン」
Melvin'd



エンドロールの後も席を立たずにご覧下さい。

●解説は続きから ↓



●冒頭の戦闘曲はイギリスのパワーメタルバンドドラゴンフォース(DragonForce)の"Through the Fire and Flames"
この曲の動画はこちら

●バクラのセリフ"You can't win, Melvin. If you strike me down I shall become more powerful than you can possibly imagine."は、「スター・ウォーズ」エピソード4でのオビ=ワン・ケノービのダース・ヴェイダーに対するセリフのパロディ。 “You cannot win, Darth. If you strike me down, I shall become more powerful than you can possibly imagine.”こちらの動画の53秒あたりから。

●バクラとマリクの「クソったれ」は、もとの英語では"wanker"イギリス英語の俗語で(1)間抜け、ばか (2)自慰をする人 …の二つの意味があり、バクラは(1)の意味で言ったのに、マリクは(2)の意味に取って、最後まで勘違いに気づかないというオチ。直訳すると笑いが取れないと判断して「クソったれ」に変更してあります。決して下品だからという理由からではありませんが、正直、直訳しないですんでラッキーだったかもです。

●ジョス・ウィードンは、早々に打ち切りになったTVシリーズ「セレニティ」の監督。要約シリーズで「ジョス・ウィードンより早く」と言われた場合、それはあっという間の時間を指す。

●「ゾークとコーディーのスイートライフ」は、41話にも登場した、居候したホテルで騒ぎを巻き起こす双子のザックとコーディのシットコムのパロディ。(詳細は41話の解説を参照ください)このエピソードのではないけれど、動画はこちら

●マリクの“Stay on target!”は、やはり「スター・ウォーズ」エピソード4で戦闘機X-Wingで 帝国側の要塞デス・スターに攻撃する際の敵機との戦いのシーンのパロディ。動画はこちら

●ジャガーノートとは、マーヴルコミックスの様々な作品にクロスオーバして登場するスーパーヒーローキャラクター。オールタイムトップ200の188位という大変微妙な人気を誇る。絵入りのWiki(英語)はこちら

●バクラのバックコーラスでマリクが歌うのはベン・E・キングの名曲「スタンド・バイ・ミー」本人の歌う動画はこちら

●なんちゃってエンドロールで流れるのも「スタンド・バイ・ミー」ですが、最後の”You’re way too beautiful-“以降の歌詞だけはショーン・キングストンが2007年に「スタンド・バイ・ミー」をサンプリングしたヒット曲”Beautiful Girls” のもの。曲はこちらで。
なお、この曲名をそのままタイトルにした1986年のアメリカ映画「スタンド・バイ・ミー」では、後日談の場面でこの曲が流れ始めそのままエンディングに入る演出で観客を魅了した。

●ビッグ5の英語名は次の通り。(登場してセリフをしゃべった順)

ビッグ1(ワン)GANSLEY: Death by drowning! 大下 幸之助
ビッグ4(フォー)NESBITT: Death by robots! 大田 宗一郎
ビッグ3(スリー)JOHNSON: Death by justice! 大岡 筑前
ビッグ5(ファイブ)LECTOR: Death by bad publicity! 大門 小五郎
ビッグ2(ツー)CRUMP: Death by penguins! 大瀧 修三

●というわけで、今後も遊戯王要約シリーズは続きます。

【追記】

サブタイトルを考えあぐねて「メルビン」としてしまっていますが、もとの"Melvin'd"は、どうやら彼の名前を動詞的に使った表現。たぶん「メルビンが勝利した」ことを意味していると思われます。ちなみに第35話で"4kids'd"という言葉が登場していますが、たぶん「適当にストーリーを改変した英語版を作って英語圏ファンをうんざりさせた挙句、後々つじつまがあわなくなる」ことを意味していると推測して「4kidsやっちゃったね」さらに拡大解釈して「4kidsざまあ」と訳しています。

コメントで教えていただきました。遊戯たちが獏良の部屋で大騒ぎのパーティをしている場面でもれ聞こえてくる「ゴーストバスターズ」のメロディーは、「ドラゴンボールZ要約シリーズ」で使われている替え歌「ゴーストナッパ」の曲だそうです。こちらにフルバージョンが。
編集 / 2010.01.29 / コメント: 4 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
ここって何?

「4kids制作の英語版遊戯王アニメをパロディにしたシリーズ」(イギリス人LittleKuriboh氏制作)を和訳して紹介しています。 イギリス人の風刺魂の紹介、日英の文化の比較、そして自分の翻訳力鍛錬が目的です。 和訳の間違いのご指摘、アドバイス等、お待ちしてます。 クレーム等がありましたら、即座に対応いたします。

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

AT

管理人:AT
SFとアニメが守備範囲の英→日シロウト翻訳字幕屋。
遊戯王は東映版の頃からのファン。

サイトリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。